車 下取り トラブル

車の下取りにまつわるトラブルとは

車の下取りは、ディーラーで行う事が多いです。
ディーラーは自動車メーカーと正式契約を結んでいるなど、しっかりとした運営をしている所が多く、目立ったトラブルが起きる事はほとんどありません。

しかし稀にトラブルが起きる事もあるようです。
下取りに査定に出し、購入する車の値引き額も決まった。
しかし後になって、下取りに出した車にキズが付いていたなどの理由から、値引き額を少なくされてしまった・・・
このパターンが一番多いようです。

ただ、マトモな営業をしているようなディーラーなり販売店ならば、このような事はしません。
なぜかというと、契約が成立した時点で、その後の値下げはあり得ないからです。

仮に本当に、査定時には気付かなかった、車の価値を大きく下げるようなキズが見つかったとしましょう。
そうだったとしても、値引き額を少なくされてしまう(下取り価格を下げられる)事はNGです。
査定の際に、そのキズを見抜けずにいた査定士・・・そして契約内容に合意したディーラーや販売店の落ち度ですから、毅然とした態度で抗議しましょう。

車の下取りのトラブルを回避するためには

上記のような下取りにまつわるトラブルを避けるためにはどうすれば良いのか?
それについて説明します。

しっかりとしたディーラー・販売店を選ぶ

まずしっかりとしたディーラーや販売店を選ぶという事です。

マトモな営業をしている所ならば、契約した後に、契約内容を破棄するような事はありません。
ネットで検索すれば、利用しようとしているディーラーや販売店の信頼性に関する情報はすぐに集まるはずです。

契約内容をしっかり確認する

契約後でも車のキズや凹みが新たに見つかったら、契約内容を変更する、といった契約内容だった・・・
そうなった場合は、契約後に難癖を付けて下取り価格を低くされるという事も可能となってしまいます。

ですから、契約の際にはしっかりその内容を確認しましょう。
ただし契約書の文章は、回りくどく、理解するのが難しい内容である事も多いです。
文章が長くて読むのも億劫ですからね・・・。

ですから「契約後に値下げされるような事はありますか?」とストレートに質問してみると良いでしょう。
マトモなディーラーや販売店であれば、しっかり回答してくれるはずです。

 

トラブルを回避し、愛車を少しでも高く売る・・・
そのための非常に簡単で、確実な方法が存在します!

それについては、トップページで詳しく紹介いたします。



■車を高く売りたい人必見のノウハウ!(トップページ)■