車 下取り 手順

下取りの手順のまとめ

まずディーラーの営業所に出かけて、購入する車を選びます。
そしてこちらの売りたい車を査定する。
その査定結果により、購入希望車の値引きが行われます。

 

下取りに出した時は、新車の値引きがされて購入するという位しか実感しか湧きづらいものです。
しかし実質的にはこちらの車をまず売却し、それで得たお金を新車購入代金に充てるという事です。

 

 

車は法的な問題などありますから、色々と手続きは必要です。

 

まず下取りをする際に必ず必要となるのが、実印を押印した委任状、譲渡証明書

そして印鑑証明書となります。

 

下取りに出した車は再びディーラーが売りに出すか、もしくは廃車という主に2つの道をたどることになります。
どちらになったにせよ、名義変更は必要です。
上述した必要な書類に関しては、名義変更を行うものだと言っても良いでしょう。

 

 

また持参していくものとしては自賠責保険の証明書、自動車税納税証明書といった書類です。

 

これら必要書類が揃い、そして下取り契約書に押印し、売却の手続きが完了します。
下取りとは売るだけではなく新車を購入する事でもあります。
ですから当然、新車購入のための必要書類も必要です。

 

車庫証明書、印鑑証明書、委任状、そして委任状に捺印するための実印が必要となります

納車のタイミング

どのタイミングでこれまで乗っていた車をディーラーに引き渡すかというと、それは納車の時です。
納車されるまでは、これまでに乗っていた自動車を乗っていても構いません。
もし故障車であったり車検切れの車であったりと、運転することが出来ない場合ディーラーの方で代車を貸し出ししてくれるという事も可能です。
この際有料か無料かというのは、その時の担当者によりけりです。
大事なお客さんであるわけですから、納車までの期間が短いのであれば無料で代車を貸してくれるというケースが多いようです。

 

 

必要書類の事などを見ると、めんどくさそうだなと感じてしまうかもしれませんね。

しかしそれはあくまで文章にしているからだと思います。
実際はほとんどディーラーがほとんど支持してくれますから、手間もかかりません。
ディーラーに車を下取りに出すという事は、楽であるという事が一番良い所だと言っても過言ではありませんからね。

 

 

車の下取りの手順としましては、この通りです。
改めておさらいしなくても、まずディーラに行けば改めて説明や指示をしてくれますから、特に予備知識を頭に入れていく必要も無いのではないでしょうか?

 

 

 

>>トップページへ戻る