車 下取りとは

下取りの仕組みと特徴

下取りとは・・・・

 

自動車の売却方法の1つとして古くから多くの人が行なっているのがこの下取り。

 

下取りというのは、新車の購入があって初めて行えるものです。
自動車を売り、そして購入するという行為の2つが含まれています。
新車の販売価格を値引く為のシステムです。

 

現在では、自動車をまず買取業者に売却して代金を受取る。
その後に改めて自動車販売店に訪れて新車を購入するという方法を取っている人もかなり多いです。
しかし下取りの場合ですと、売却と購入の2つの行為が同時に行える訳ですから、手間や時間が一番かからない方法なのです

 

 

下取り価格はどうやって決まるの?

 

下取りに出した車は査定が行われます。
どのような基準で、下取り価格が決まるのか?

 

それは「下取り価格表」というものを基準にして決まります。

 

残念ながらこの下取り価格表は、一般人が目にする事は出来ません。
業者のみが目を通す事が可能なものです。
いくらネットを調べても、図書館や書店に足を運んでも目にする事は出来ないのです。

 

 

下取りってお得なの?

 

下取りが最も高く売れる方法となる事はあります。
しかし割合的には他の方法を採ったほうが高く売れるというケースが圧倒的に多いです。

 

下取りに出した車は、系列オークションというものに出品されます。
あくまで同系列の業者しか参加出来ないオークションですから、落札価格が低くなりがちで、当然下取り価格も安くなってしまうという事です。

 

ちなみに買取業者に売却した場合は、全国の業者が参加出来るオークションに出品されたりします。

 

オークションというのは、落札希望者が多ければ多いほど高額となりやすくなるものです。
落札希望者があまり多くない系列オークションにしか出品出来ない下取りでは、どうしても高く売れにくいという事になってしまうのです。

 

 

なぜ下取りをする人が多いの?

 

以前は下取りが一般的だったというのが一番の理由ではないでしょうか?
現在他にも自動車を売る方法はたくさん増えましたが、全ての人がすぐに新しい方法に乗り換えられる訳ではありません。

 

このテキストをご覧になられている方はインターネットを利用されていますよね。
とても便利なインターネットですが、まだ利用していないという人も数多くいらっしゃいます。
それと似たような理由があると言っても良いでしょう。

 

 

確かに手間が省けるというメリットが下取りにはあるものの、他の方法がそんなに時間がかかるかといえばそうでもありません。
多少の手間を惜しんで、車が高く売れにくい下取りに出すというのはあまり賢い選択肢とはいえないかもしれません。

 

 

 

>>トップページへ戻る