車 下取り 値引き

値引きのカラクリ

車の下取りに関して注意して欲しい点があります。

それはずばり、値引きに関することです。

 

 

車を下取りに出す人の希望としては、

  • 愛車を高く売りたい
  • 新車を大幅に値引きしてもらいたい

が主となるのではないでしょうか?

 

 

しかしディーラーとしても自社の利益を考えなければなりません。

 

そうなると、下取り価格をたっぷり上げて、新車販売価格をたっぷり値下げするなんていう事は出来ません

 

 

つまり、下取り価格が高くなれば新車販売価格の値引きは大した金額ではなくなり、大幅に値引きすれば下取り価格が低くなる・・・
とシーソーのようなバランスで成り立っているのです。

 

 

この点をしっかり理解していないと、下取りの際にディーラーがよく行う「値引きのテクニック」にまんまと乗せられてしまいます。

 

 

「値引きのテクニック」とは

 

下取りに出そうとしている車は、相場ではおおよそ50万円だったとします。

できれば50万円以上の下取り価格が付いたほうが嬉しいとこちらは思っている訳です。
そこでディーラーは、70万円の下取り価格を付けましょう! と言ってきたとしましょう。

 

相場よりも20万円も高く下取りしてくれるとなれば、喜んでしまいますよね
その喜びで、新車価格の値引きがほとんど無いという事に注意がいかなくなってしまうのです

 

確かに新車価格の値引きはあまりされなかったけれど、下取り価格が相場よりも20万円も高い70万円になったのだから、これは良い取引だった!
と納得してしまうのです。

 

 

ずるいと言えばずるいのですが、ディーラーとしても利益出すという事は会社を守るためにも必要な事。
ですからこういったテクニックを使ってきたとしても責める事は出来ません。

 

私達消費者は、こうした値引きのテクニックにまんまと乗せられないよに、しっかりとした知識を身につける必要があります。

 

 

下取り価格や新車販売価格の値引きをどの程度にするかというのは、ディーラー側のさじ加減なところがあります。
ある程度の範囲内で金額が決まるというのはありますが、その範囲の中でも幅は広いものです。

 

こちらが無知であったり、ディーラー以外を利用していないという事が解れば、足元を見てきます。
つまり下取り価格を安くして、なおかつ新車販売価格はあまり値引きしないで契約成立となるように交渉してくるのです。

 

こういった事を回避するためにも、あらかじめ買取業者からも査定を受けておく、他の販売店の販売価格をチェックしておく、といった事をしておきましょう
そしてこうした事を行ったことをそれとなく会話にはさみ、自分が知識を持っている客である事をアピールする事が大切です。

 

 

 

>>買取業者を活用して車を下取りよりも高く売る方法はこちら<トップページ>