車 下取り メリット デメリット

普通車の下取り メリットとデメリットはこう!

ほとんどの方は、車を売る時は新しい車を購入するのと同じタイミングになります。

 

下取りは、売るのと買うのを同時に行えるという方法。

 

最近では買取業者へ売却して代金を受け取り、その後で販売店に出向いて車を購入するという、売ると買うを分けている人も増えています。
しかし下取りを利用している人は未だに数多くいます。

 

そんなポピュラーな車の下取りのメリットとデメリットについて説明していきます。

 

メリット

 

売る 買うが同時に可能

 

車を売る、買う、が同時に行えるという便利さ。
1つの店舗で、両方が完了しますし、手続きや契約も同時に行えます
そのため時間や手間がほとんどかかりません。

 

納車まで乗れる

 

現行モデルでも、すぐに手に入らない車はあります。
下取りの際にそういった納車が未来になる車に乗り換える事にした場合、新しい車が納車されるまでは、下取りに出した車は使い続ける事が出来ます
買取業者への売却に比べると、これが一番大きなメリットになるかもしれません。

 

 

デメリット

 

下取り価格と値引き額が混同される

 

下取り価格は、新しい車の販売価格からの値引き額と混同されがちです。
結構高く下取りに出せたなと思っていても、実は値引き額が下がっただけなんていう事が大半です。
高く売れない、安く買えない・・・の二拍子が揃ってしまいます。

 

この点は、下取り最大のデメリットとも言って良いです。
このデメリットを受け入れても下取りに出す価値を見いだせる・・・そういった方だけが下取りに出す意義があるのではないでしょうか。

 

 

ディーラーはそんなに幅広いタイプの車を扱っている訳ではありません
扱っていないタイプの車を購入すると、下取り価格はより低くなってしまいます

 

 

 

 

余談までに、買取業者に売る事のメリット・デメリットに関しても簡単に説明します。

 

メリット

 

下取りに比べて、高く売れるという事です。
買取業者はそれぞれ、高く買い取れる車が違います。
一般的にはあまり高く売れないような車を高く買い取ってくれる業者も存在してるのです。

 

 

デメリット

 

数多い業者の中からベストな業者を探すためには、下取りに比べるとどうしても時間と手間がかかるという事です。

 

また売ると同時に買うとう行為をする事が出来ません。
ただし、買取業者には販売業務も同時に行なっている所が数多くあります。
こうした業者に中古車を売却し、そして新しい車を買うのであれば、下取り並にスムーズだったりします。

 

こうした行為を下取りと勘違いされている方も多いのですが、あくまで売却と購入が分かれていますから違います。

 

 

 

>>下取りのポイントと買取業者を活用するコツはこちら<トップページ>