車 下取り ローン

ローンが残っている車を下取りに出す事は可能?

ケースバイケースではありますが、基本的に可能です。

 

 

下取りを考えているという事は、今ある車を手放し、そして新たな車の購入を検討中という事になりますよね。
つまり、ある程度の資金があるという事。

 

この場合、可能なら古い車のローンを完済してしまいましょう。
そうすれば、車の所有者がローン会社などでなく、自分になります。
自分の車ならば、どう扱おうと自由です。

 

ただし、ローンを完済した事で、新たな車の購入資金が足りなくなってしまうでしょう。
その場合、新たな車をローンで購入するのです。

 

ローンを完済したという実績もある事ですし、ローンは簡単に組めるはずです。

 

ローンが完済できない場合は?

ローンを完済するお金が無く、なおかつ新たな車に乗り換えたい。
この場合でも下取りに出せる事は多いです。

 

古い車のローン+新たな車のローン にするのです。
二重のローンとなりますから、最初に紹介した方法のように100%可能とは言えません。
ディーラー・販売店に事前に相談するようにしましょう。

 

また、下取り価格>ローン残債 となれば、二重のローンにする必要は無くなります。

下取りではなく売却も検討しましょう

基本的に、下取りより、買取業者に買取ってもらった方が高く売れます。

 

ローンが残っている方も、そうでない方も、基本的に車を買い換える際は下取りではなく売却の方がオススメですよ。

 

一括査定を使うと、買取業者に売却した際の最高額が簡単に解ります。
それを調べた上で、下取り査定も受けて、お得な方を選ぶのが良いと思います。
査定を受けるだけなら、ローン有る無しは関係ありません。
あくまで、その業者が愛車を買取るならいくらかを調べるのが査定です。

一括査定の使い方のコツを知っているかどうかで、愛車の売却額がかなり変わる事もあります。
トップページでこの点は触れていますので、必ずチェックしてみて下さい。

 

下取りでも、買取業者でも、結局対して変わらないだろう・・・
これは大間違えです。

 

ほんのちょっとした事をするだけで、愛車を数十万円高く売る事が出来る事もある以上、しっかりとした知識を付けてから、車の買い替えをしましょう。

 

 

 

●数十万円のお得も!?高額売却のテクニック-トップページへ-●