車 下取り 古物商

車下取りと古物商

 

例えば、他人の車を査定して買い取り、それをネットオークションで売ったり、下取りをしたりといった事をするとなると、たとえ個人で行っているとしても古物商の資格が必要となります。

 

 

 

古物商はなぜ必要なの?

古物商という資格の最大の意義とは、盗品が市場に流通する事を防ぐという事です。

 

世の中には悪い人も多くいますよね。
色々な犯罪行為がありますが、盗難はかなりよくある犯罪行為の1つ。
盗難を行う人間は2つのタイプに大きく2つあります。

 

1つは盗んだ物を自分の物とするタイプ。
例えば万引きなんていう行為も、これに該当します。

 

もう1つは、盗んだ物を売ろうとするタイプです。
宝石や車といった高価な物を盗み、それを買取店などに売ってお金に買えるのです。
もしこれが成功してしまうと、盗難品が売られるという事態が起きてしまいます。
これはとても憂慮すべき事で、なんとしても防がないといけませんよね。

 

 

誰でも車の買取業者や、宝石商のよう事が出来てしまうと、こういった事が多発します。
そのために古物商という資格が無いと査定などをして人から物を買い取るという事が許可出来ないというようにしたのです。

 

結構ネットオークションで車を査定して買い取ったり、下取りをしているのに古物商の資格を持っていないなんていう人も多いようです。
これは本来ルール違反ですから、絶対にしないようにしましょう。

古物商の資格を取る条件は?

ネットなどを利用して個人的に車を査定して買取をしたり、下取りをしたい。
こういった場合は古物商も資格を取る必要がありますが、どのような方法で手に入れる事が出来るのか、それについて説明します。

 

 

古物商の資格があると取り扱えるものは様々にあります。
金券ショップ 宝石 衣類 etc....

 

もちろんその中に車もあります。
車の場合は、資格取得のためにある条件が必要となります。

 

それは車を管理しておくスペースです。
つまりは駐車場ですね。

 

別に自分に所有権がある土地出なくても問題なく、月極の駐車場などでも問題ありません。
なぜこれが条件となっているかというと、駐車場を持たない人間に資格を与えると路上など、法的に許されていない場所に車を保管する恐れがあるからです。
厳密に何台分かという規約はないのですが、1台分の管理スペーししかなくても資格が取得出来るというケースはあります。

古物商の申請はどうやるの?

古物商の資格取得の申請は警察署にて行います。

古物商の資格の申請をしたいと言えば、申請用紙をもらう事が出来ます。
その他、身分証明書や誓約書、住民票といった必要書類を用意するようにと指示がありますから、それに従って下さい。

 

古物商の資格取得は決してハードルが高いものではありません。
住所不定であったり、前科があったりといった問題が無い限り、所得は可能です

 

 

 

>>下取り相場と高額査定の秘訣はこちら<トップページ>