車 下取り 傷

車の傷や凹みは下取り価格に響く!?

当然ながら、車の傷や凹みは下取り価格にマイナスに響きます。

下取り価格は車の価値によって変わってきます。
車の価値とは、年式車種だけで決まるものではありません。

  • 走行距離
  • 修理履歴
  • 装備品
  • ボディーカラー
  • キズや凹み
  • インテリアの状態
  • 喫煙車かどうか
  • ワンオーナー車かどうか

様々な要素によって、車の価値は決まります。

ただし、傷や凹みは、車の価値を決める様々な要素の中での重要度は、上位という訳ではありません。

あまりにも極端な傷や凹みは別として、長く乗っていれば自然と出来てしまう程度のキズや凹みであれば、そこまで減点対象にはなりません。
それより、走行距離や修理履歴などの方が重要です。

傷や凹みは、そこまで酷いものでなければ、修復可能です。
しかし、走行距離は戻りませんし、修理履歴も同様です。

ですから、傷や凹みは下取り価格にマイナスの影響を与えはするものの、極端に大きな影響は与えない・・・
このように言えます。

下取り査定に出す前に傷や凹みを「自己修繕」

傷や凹みの有無が下取り価格を上下する事は事実です。
ですから、より高く愛車を手放すためには、傷や凹みをなんとかして下取り価格を少しでも上げる工夫をしてみましょう。

とはいっても、キズや凹みを修復するために、お金を払って工場に預けるなんていう事はする必要ありません。
あくまで自分で行える程度の修繕で構いません。
DIYで行えるグッズを利用する・・・といった程度でOKです。
要は目立たなくさせる、という事ですね。

有料で修繕してもらうと、確かに下取り価格が高くなる事もあるでしょう。
しかし修理費用以上に高くなる補償は無く、そして高くならない事の方が多い傾向にあります。
下取りに出す前に有料で車の傷や凹みを修繕するという事は、損な事なんです。

 

車のキズや凹みの度合いがあまりにも酷く、ボコボコの状態の車を下取りに出そうと考えている方もいらっしゃるかもしれません。
こういった車ですと、下取り価格はかなり下がってしまいます。
しかし買取業者であれば悪くない値段で買取ってくれる事も多いです。

下取りの場合、良い値が付く車は、のディーラーで取り扱っているメーカーと同メーカーで、なおかつ年式が新しく状態も良い人気車に限られます。
しかし買取業者は、年式や人気、状態を問わず、出来るだけ高く買取ってくれる傾向が強いです。

車を高く売りたい方は、一括査定サービスの利用は必須です。
トップページで、車を高く売りたい方に向けた耳寄りな情報を公開しております。



●車を高く売るコツについてはコチラ -トップページへ-●