車 下取り 買取

車の下取りと買取の違いをしっかり知る

車を乗り換える際には、これまでに乗っていた車を手放し、新車の購入代金に充てるというのが普通ですよね。

車の乗り換えを行う際に多く行われるのが
  • 車を下取りに出す
  • 車を買取業者に売却する
この2つです。
多くの方は、この2つの方法を混同しており、明確な違いを理解されていないようです。
そこでそれぞれの違いをしっかり整理してみましょう。

車の下取り

ディーラーで新しい車を買う際に、これまで乗っていた愛車を引き取ってもらう方法です。
引き取ってもらった車の価値に応じて、車の購入代金が値引きされます。

車の買取

中古車買取業者に売り、現金に換えるという方法です。
売って手にした現金を、新しい車を購入する際の頭金にするという乗り換えの流れになります。

もちろん手にした現金を貯金しても構いません。
諸事情で車が不要になったという方の場合は、下取りは行えませんので、こちらの方法を選ぶ事になります。

車を高く売るなら 下取り・買取り どっち?

下取りは、車の売却と購入がセットになっているような方法です。
そのため、時間や手間を省けるというメリットがあります。

しかし、現実としては多くの方が車の下取りよりも車の買取りを、乗り換えの際に選んでいます。
特に中古車事情に詳しい方程、買取を選ぶ傾向にあります。

これはなぜか・・・

一言で言ってしまうと、買取りの方が下取りよりも、高く売れやすいからという事です。

車の下取りは、あくまで車の購入がメイン。
ディーラー側としては、販売を重視しており、買取という部分はおろそかです。
出来るだけ高く買い取ろうという努力は、あまりしてくれません。

その点、買取りは、まさに車の売却のみの行為です。
買取り業者側としては、極力高く買取る努力をしてくれます。
その努力を怠ってしまえば、中古車買取り業界で生き残る事が出来なくなってしまうからです。

例外的に下取りの方が高くなるという事もありますが、圧倒的に買取りの方がお得になるケースが多いという事を覚えておきましょう。

また、下取りの場合ですと、車の売却と購入を同じ店舗で行わなければなりません。
しかし買取りならば、中古車を現金に換えたあと、どのディーラーや販売店を訪ねようと自由です。
こうした選択肢の広さがあるというのも、買取りのメリットではないでしょうか。

 

買取業者に売る際に気を付けなければならないのは、買取り業者の数は非常に多く、買取り価格もそれぞれ異るという事です。
もの凄く安くしか買ってくれない業者もあれば、高く買ってくれる業者もあります。

そのため業者をしっかり選ぶという事が大事になってきます。

面倒そうに思える買取り業者選び・・・
それをスムーズに的確に行うための、一括査定サービスの利用方法をトップページで解説していますのでぜひご参考下さい。



●車を高く売るコツについてはコチラ -トップページへ-●