車 下取り 事故車

事故車を下取りに出すメリットとは?

現在市場に出回っている中古車は数多くあります。

しかし国内において、事故車(事故歴有りの車)が中古車として市場に出回っているという事はほとんどありません。

 

ほとんどの消費者は、事故車を嫌がります。
故障の可能性が高くなる訳ですから、当然ですよね。
さらに事故車でなくても良質で、価格が安い中古車も沢山あるわけですからあえて事故車を選ぶなんていう人は皆無と言っても良いです。

 

そうなると事故車を下取りに出しても、良い値段になる訳がありません。
また事故車ならではのリスクというものもありますから、それについてお話しましょう。

 

 

下取りとは?

 

下取りとは車を売るだけではなく、新しい車を購入するという事も行います。
車を売るといっても、その代金を受け取れる訳ではなく、販売価格から値引きするという形になります。

 

ただし下取りに出さなくても、値引きをされるというケースは多いです。
ディーラーとしては、車を買うことを強く希望しているお客さんは逃したくありません。
利益が出るのであれば、多少の値下げをしてもディーラー側にはメリットがあるのです。

 

>>もっと詳しく知りたい方はこちら

 

 

事故車を下取りに出した場合

 

事故車を下取りに出した場合も、値引きがされる事があります。

 

場合によっては廃車処理のための費用を請求されてしまう事もあります。
こういったケースがあるだけに、ディーラーはこんな駆け引きを使ってくる事があります。

 

こちらが下取りに出した車は事故車なので廃車にするしか無い。
しかしあえて、値引きをしてくれると言うのです。

 

価値が無いと思っていた事故車を下取りに出したらなんと値引きをしてもらえた!

 

しかしこの値引き額は、ただ車を購入するだけの時の値引き額よりも低くなってしまう事があるのです。
しかし多くのお客さんは、事故車を下取りに出したのに値引きされたという事だけが頭にあり、値引き額がとても低いという事に不満を述べるどころか、むしろ良かったと感じてしまうのです。

 

事故車を下取りに出すという事は、基本的にメリットよりデメリットの方が圧倒的に大きいです。

 

ただし事故車は中古車として再び売れなくても、分解して使えるパーツだけ取り出してそれを利益につなげるという事は可能です。
それが出来るのは、買取業者というより解体業者です。
実はカービューといった一括査定サービスには、事故車に値段を付けてくれる解体業者も登録されています。
広いくくりでは解体業者も買取業者の1つです。

 

ですから一括査定サービスを利用して査定を申し込んだ方が得だったなんていう事もよくあるのです。

 

 

 

>>事故車を高く買取する方法<トップページ>