車 下取り ガソリン

下取りの時のガソリン代の扱いについて

ディーラーに車を下取りに出す時、ガソリンの残量はどの程度にしておけば良いのでしょうか?

ディーラーの所まで運転できる量のガソリンさえ入っていれば問題ありません
下取りに出した後、その車がそう多くの距離を走るという事にはなりません。
まあ10L程度入っていると、ディーラーの方では助かるという事もあるでしょうが、そこまで気にする必要も無いでしょう。

 

では、査定時に関してはどうでしょうか?

ガソリンの残量が低いと、車の下取り価格が下がってしまうのでは?

こちらに関しても、最低限走れる量が入っていれば問題ありません。
ガソリンが少ないから最低額を低くする、なんていう査定士は居ませんからご安心下さい。

ただ下取り査定に関しては1つ注意点があります。

 

査定に出して、下取り価格に納得がいきディーラーと契約を交わしたとしましょう。
そうなったとしても、新車の納車までは下取りに出す車をこちらが運転していて構いません。
ですから自分がしばらく運転するという事を考えて、ガソリンの量を残して査定を受けるという事は必要です。

 

路上でエンストを起こして保険会社のロードサービスを利用するなんて面倒くさいですものね。
ロードサービスを利用して等級が下がるという事はありませんが、無用なトラブルは避ける為にも、ある程度ガソリンは入れておきましょう。

 

車を下取りに出す際、ガソリンの残量は少なくても問題ありません。

 

 

満タンに近い状態の車を下取りに出した時、ガソリン代金はもらえるのか?

もらえません

ガソリン代は決して安くはありませんが、残念ながらガソリン代を支払って貰えるシステムを設けているディーラーはありません
ディーラーの営業所が遠いという方は、そことの行き来だけでも結構ガソリン代がかかってしまうなんていう方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

 

ガソリン代がかからないオススメの方法

 

これは下取りではなく、買取業者の査定を受けるという方法です。

中古車の買取業界は、競争が激しいだけに、ほとんどの業者が色々とサービスを充実させてくれています。

 

大半の業者が、出張査定というサービスを行なっています。
無料で、しかも業者の方からこちらまで出向いてくれるのです
当然営業所まで出向く必要がありませんからガソリン代はかかりません

 

この制度を利用して、車を売る時、まず色々な業者から出張査定を受けて、自社の買取価格の相場を知るという方法を採っている人も最近では多いようです。

 

 

 

>>出張査定を活用して車を下取りよりも高く売る方法はこちら<トップページ>