車 下取り 買取

下取りよりも有利な買取のポイント

車を下取りに出すのと、買取業者に買い取ってもらうのではどちらが高額になるのか?

 

その正確な答えは存在しないという事になります。

 

中古車の価値は、色々な要素によって決まっていきます。
その時の人気の傾向、中古車そのものの状態や年式など、その要素とは様々です。

 

とはいえ、傾向としては買取の方が高く売れるという事がかなり多いです。
こうした傾向を受けて、買取業者に車を売るという人が今ではかなり増えています。
以前は車を売るのは下取りが一般的でしたが、この常識は覆されつつあると言って良い状況です。

 

 

では、なぜ買取が下取りよりも高く売れる傾向にあるのでしょうか?

 

 

下取りにせよ、買取にせよ、廃車扱いにならない限り、こちらが手放した車は再び中古市場にて販賣されます。
しかし中古車として売られるようになるまでには、様々な過程を経ます。

 

買取業者は、この過程でディーラーの下取りよりも利益を多く出せる傾向にあるのです。
これこそが下取りより買取が高く売れやすいという傾向に繋がっているのです。

 

とはいえ、買取業者によって、買い取った車を利益に繋げていくかは変わってきます。
下取りよりも安くしか売れないという業者も中には存在するのです。

 

ただし買取業者は複数存在しています。
Aという業者が安くても、Bという業者なら高く買取してくれるという事があるのです。
ですから総合的に考えれば、やはり下取りよりも買取の方が高く売れる傾向にあると言って良いでしょう

 

 

車を高く売る可能性が高くなるのは、お話した通り買取業者に売るという方法になります。
ただし、下取りよりも安くなってしまう業者もあるわけですから、色々な業者がいくらで買ってくれるかをチェックする必要が出てきます。

 

そのために便利なサービスが一括査定です。
現在、車を売る時は買取業者という方が多くなっているのは、一括査定サービスによるところがかなり大きいです。

 

これまでは色々な業者の査定額をチェックするのが面倒で、楽な下取りを選ぶという人もかなり多かったです。
しかし一括査定サービスにより、面倒で無くなったのです。
それによって下取りを利用するメリットがますます減ったという訳です。

 

 

最初に、下取りと買取、どちらが高く売れるかは正確には解らないとお答えしました。
しかし実質的には、買取の方が高額となるケースがほとんどです。
また下取りと買取の金額の差はかなり大きくなることも珍しくありません。

 

 

廃車扱いのような車なら下取りに出したほうが良いという意見もあります。
とはいえ、買取業者には、廃車扱いとなる車の買取を得意としている所もありますから正しい意見とは言えません。

 

 

 

>>買取業者も活用して車を高く売る方法はこちら<トップページ>