車 下取り ディーラー

ディーラーの下取りの仕組みとは?

車をディーラーに下取りに出すという事はどういう事なのか?

 

下取り代金は、新車購入代金にあてられます。
つまり、新車価格が安くなるという形で表れます。

 

「下取りに出したら高く売れた!」
と喜ぶ方がよくいらっしゃいます。
欲しかった車の表示価格より、かなり安い値段で新車購入が出来たのですから、これは嬉しいと思いますよね。

 

しかしここにカラクリがあります

 

元々ディーラーで自動車を購入する時、ある程度値引きされるという事がかなり多いです。
つまり安く買えたというのは、下取りに出した車が高く売れたからという事では無いという事があるのです。
しかし実際に表示価格より安く買えたものだから、高く売れたと勘違いしてしまうのです。

 

未だに下取りをするという方はかなり多いのです。
これは昔からの流れで行なっているというのもありますし、偽のお得感に惑わされているといった所もあるのかもしれません。

 

 

下取りに出すメリット

 

例えば1ヶ月後に販売される自動車を購入する事にしたとします。

ディーラーの場合は、まだ販売されていない自動車を予約という形で購入することも可能ですし、その際に下取りのシステムを利用する事も可能です。
この場合、下取り査定は新車購入時ではなく予約時に行われます。
しかしまだ販売されていない車が納品されるまでは、下取りに出すはずの車を乗っていても構いません

 

自動車の価値というのは時間とともに下がっていきます。
ですから新車発売を待たずして、下取りという形で早めに売ることが出来るというのは大きなメリットではないでしょうか?

 

また新車購入と古い車の売却を同時に行えますから、時間がかなり短縮されます。

 

 

下取りのデメリット

 

ただし、高く売れにくいというデメリットはかなり痛い所です。

特にそのディーラーが取り扱っているメーカー車でない限り、高額で売ることはまず望めませんし、例えそのメーカーの車でも使用しているパーツやカーナビといった装備品が、純正のもので無ければかなりマイナスに響いてしまいます

 

ディーラーは新車購入した後のサポートも充実していますから、ディーラーで新車購入するという事はメリットがあります。
しかし別に下取りに出さず、購入するだけでもサポートはしっかり受けることはできます。

 

そう考えると、あくまでディーラーは自動車を購入する所であり、車を売るために利用する所ではないという事が言えるかもしれません。

 

 

〜〜

 

ディーラーに車を下取りに出すことをオススメできる方は、

  • お金に余裕がある
  • 高く売れなくても時間や手間を省きたい

こういった方に限られるのではないでしょうか。

 

 

 

>>車を下取りよりも高く売る!買取業者を賢く利用する方法はこちら<トップページ>