車 下取り 注意

何も考えず下取りに出すのは損です!

車を下取りする際の注意は、すぐに下取りに出してしまうという事は避けましょう

なぜなら下取りに出すよりも、買取業者に販売した方が高く売れるからです。

 

ほとんどの人が、愛車は少しでも高く売れたら良いと考えているのではないでしょうか?
愛車がいくらで売れようと構わないという人ならば、手間が一番省ける下取りという方法を採っても構いません。
しかし愛車がいくらで売れるかという事を気にするのであれば、すぐに下取りに出さない方が無難です

 

 

なぜ下取りに出さない方がいいのか?

 

すぐに下取りに出さないという事はどういう意味なのか。
それは、ディーラーの下取り査定額だけではなく、買取業者の査定額などもしっかり把握するという事です。

 

レアケースですが、下取りが一番高くなるというケースも存在します。
しかし一般的には買取業者に売ったほうが高く売れます
ですから、買取業者の査定額も知らない段階でディーラーに持って行き、すぐに下取りの契約にサインをしてしまうというのは避けるべきだという事なのです。

 

 

なぜ下取りはそんなに高く売れないのか?

 

下取りは買い取った車をオークションに出品したり、店頭販売したりします。

しかし、ディーラーが出品するオークションは全国規模のオークションではありません。
店頭販売にしても、客層が限られてしまいます。

 

ディーラーには中古車販売店のように、客層が多様という訳ではありませんよね。

 

また下取り基本価格表というものを元に下取り価格を決めていく事になるのですが、これが決して高いとは言えないものです。
元々ディーラーは買い取った車を再び売り、高い利益につなげるという事が得意ではありませんから、そういった事情が下取り価格表に反映されているという事情もあるのです。

 

また、故障者や過走行車、年式が古い、といった車は、下取りに出すと0円になるというケースも珍しくありません。
しかし買取業者ならば、それなりの値段を付けてくれるなんていうケースもよくある事です。
中には故障者を積極的に買い取っているなんていう業者もあるほどですからね。

 

 

〜〜

 

自動車を運転するようになって長いという方は、下取りに出した事はあると思います。
何度も下取りに出したという方もいらっしゃる事でしょう。

 

そういった方にとって、車を下取りに出すと安くなってしまうから避けるべきだという注意は、とてもショッキングなものかもしれません。

 

しかし下取りだと車があまり良い値段で売れないという事は現実ですから、受け止めるしかありません。

 

 

 

>>車を下取りよりも高く売る!買取業者を賢く利用する方法はこちら<トップページ>