車 下取り キャンセル

下取りのキャンセルは可能?

ディーラに車の下取りの契約を交わした。

しかし後々考えてみると、その契約をキャンセルしたいという結論に達した。
こういった時キャンセル可能かどうか。

 

答えとしては、キャンセルは可能です。

 

契約書にサインをした時点で、契約成立という事にはなります。
しかしディーラーはそこまで堅い所ではありません。
かなり融通が効きますからキャンセルには応じてくれます。

 

 

ただキャンセルといっても2通りありますよね。

 

つまりは・・・

 

@ 新車購入を含めた下取り自体をキャンセルしたい
A 新車は購入したいけれど、下取りに出すことだけはキャンセルしたい

 

もちろん、AとA、両方のケースでキャンセルは可能です。

 

ただし、Aの場合、契約成立して納車までにかなり期間があったりしたとしましょう。
この場合、ディーラーとしましては、車庫証明申請の費用などがすでに発生したりしています。
ですからそういった分を損害賠償として請求される可能性はあります。
実際にディーラーとしてはキャンセルされた事で無駄な費用が発生してしまっている訳ですから、これは致し方ない事です。

 

Aの場合は、キャンセル出来ても新車の値下がりは無くなります。

車をもっと高く売る方法もある?

車を売れる所は、何もディーラーだけではありません。
新車購入を同時には出来ないにしても、高額となりやすい買取業者への販売という手段を採る事も可能です。

 

ですから、まず契約する前に買取業者から査定を受けてみる事をオススメします。

 

 

ディーラーへの下取り価格、買取業者の査定額。

それぞれをしっかり把握するまでは、契約書にサインをするべきではないです。
契約成立後のキャンセルに応じるというのは、あくまでもディーラー側がOKしなくても良い物をOKしてくれているという事です。

 

ただし下取りのキャンセルをした場合、ディーラーとしてはあまり良い顔はしてくれません。
ですからキャンセルをしないで良いようにする・・・つまり契約書にはしっかり考えて結論を出してからサインをするようにして下さい。
もし新車購入をよくそのディーラーで行なっているという事であれば、なおさら今後の関係を考えてキャンセルする事はあまり良いことではありません。

 

 

ただ、ひと通り説明したものの、出来れば下取りに出すのは止めたほうが良いとあえて言わせて頂きます。
なぜなら下取り価格が、買取業者の買取価格を上回るという事はほとんど無いからです。
近隣にディーラーしか無いといった特殊なケースならまだしも、たくさんの買取業者が存在する地域ならそちらへの売却を考えた方が良いでしょう

 

 

 

>>出張査定を活用して車を下取りよりも高く売る方法はこちら<トップページ>